【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【③裁判所事務官(一般職・大卒程度)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【③裁判所事務官(一般職・大卒程度)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

裁判所事務官(一般職・大卒程度)

 

面接試験日の流れ

6月中旬に面接試験をおこないました!
9時50分スタートで、周りに受験生が見当たらなかったことから恐らくその日の中で1番初めだったと思います。

 

面接で聞かれたこと

真ん中

  • ぶっちゃけ緊張してる?
  • リラックスしてね
  • 何時についた?
  • それまで何してた?
    (面接で用意していたノートを見たり、書記官や事務官の本を読んでいた)
  • じゃあ書記官とか事務官のこともちょっと知識はあるんだね
  • 書記官や事務官はどんな仕事をすると思う?
  • じゃあ志望動機を教えて
  • 傍聴したことある?何見た?
  • その傍聴で何を感じた?
  • 裁判員の精神的負担って何があると思う?
  • 裁判員のための精神的負担軽減って具体的には何?
  • どうやって来た?
  • ココに来たのは初めて?
  • 迷わなかった?
  • あ、来た事あったのか、何で来ようと思ったの?
  • 入ってきたときの印象は?
  • 私からは以上です。

 

向かって左の女性

  • 緊張はほぐれてきた?
  • ここにボランティア活動ってあるけど、具体的には何するものなの?
  • どこでやるの?
  • 何か心がけたことはある?
  • 集団で声掛けするの?それとも個人?
  • 嫌な対応をしてくる人はいた?
  • 友人であんまり積極的に動けないって人はいた?どうした?
  • ボランティア活動って他にはある?
  • ゼミ長って書いてあるけど、どうやって決めたの?
  • どうして皆が選んでくれたと思う?
  • 具体的なストイックのエピソードはある?
    (ボランティア活動のことを話した)
  • そのボランティアはプログラムのやつなの?
  • 何か成長できたなって所ある?
  • ココに書いてある以外で工夫したことがあったら教えて
  • 私からは以上です。

 

向かって右の女性(ココからやっと落ち着けました)

  • 心配性で困ったことはある?
  • そこから気を付けたことは?
  • 違反歴
  • 併願先
  • 第1希望だと思っているんだけど調査書以外の赴任先でもいい?
  • ちなみに第2希望はある?
    (国家公務員と回答)
  • 具体的な省庁は決まっている?
  • 私からは以上です。

それでは終わりますと終わりかけたのですが、質問の時間を頂くことができたため、2つ質問しました。

そしたら、面接が再び始まりました。

 

真ん中

  • ストレス発散方法って何?
  • 〇〇好きなの?
  • そうなんだ~この後どうするの?
  • そうなんだね~それでは終わりです。ありがとうございました。

長いと思われがちですが、あっという間です。みんな優しいです。
けど、とても緊張しました。

 

面接の対策方法・アドバイス

私は書記官や事務官について全く知識がないスタートだったため、本を読んで勉強しました。
面接当日、予定時刻の1時間弱前に到着していたのですが、待ち時間での過ごし方について聞かれた際にその本を読んでいたことを伝えるといいリアクションが貰えました。

 

記述や論文の対策方法・アドバイス

裁判所の論文は何を書いてもいい!というイメージでした。自己の意見を根拠を元に具体化して書けば良いと思います。
また専記についてはYouTube等で対策動画がアップされていたので参考にしていました。

 

最終結果(順位や筆記の得点等)

かなり後ろの方の順位ではありましたが合格。
採用漏れの番号ではありますが後の電話で心配不要と伝えてもらいました。

 

内々定までの流れ(採用面談の内容等)

最終合格発表後
⇒高裁からすぐに電話。その中で説明会へ参加することを求められる(不参加だとしても合否に影響はなく強制ではないとのこと。)
※説明会の中では
若手職員との座談会
人事との面談も行いました。

 

一番番不安だったこと+結果

不安だったのは前例がなかった事です。周囲に裁判所に携わっていた人がいないことからなかなかイメージを膨らませにくい部分がありました。しかしながら広報動画を何度も見て頭に入れていきました。
もし時間があるなら裁判所に足を運ぶことが大切です。
私は一次合格後、2回傍聴に行きました。

 

来年以降受ける受験生へアドバイス

本命の人はそのまま事務官や書記官について職種研究を進めていくこと、そして一次合格を経て考え始めた人も間に合わないことはないということを是非伝えたいです。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記