【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑪労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

【⑪労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

労働基準監督官(A区分)

 

面接試験日の流れ

7月中旬 熊本合同庁舎A棟1F共同会議室

8:30集合

出席率は9割くらいでした。A,B官同じ部屋です。

受付で検温・消毒をして、面接カードを提出した後、問診票等を受けとり、自分の席に着き記入しました。
服装を気にする受験生が多いと思いますが、別にそこまで気にする事はないと思います笑。会場は、クールビズ8割(うち半袖は1割)、ジャケット・ネクタイは2割でした。
ジャケット・ネクタイは身体検査の際外す場面もあるので、少し大変かもしれません。
また、待合室はかなりエアコンが効いていたので、寒がりの方は長袖が良いかもしれません。

 

8:40説明開始

受験生はA,B,C班、1,2,3室に分けられています。
班は、身体検査・面接の順番(午前、午後①、午後②)
室は面接室の振り分けでした。

A班:午前面接→午後②身体
B班:午前身体→午後①面接
C班:午後①身体→午後②面接

私はB班3室の振り分けでした。B班の人は面接が終わり次第帰宅できました。
A,C班の振り分けになると、かなり時間があるので、なにか暇をつぶせる道具を持って行くことをおすすめします。
周りの方は、スマホを触ったり(官庁の方が許可していました)、パンフ・資料をよみかえしたり、ぼーっとしていたりと様々でした。よほどの事をしない限り試験に影響することはないと思います。

 

9:30身体検査場所へ移動

身体検査は一般の病院で行うので、タクシーで病院に移動しました。
到着すると検温を2回(おでこ、脇)します。37度以上の方ははかりなおしでした。
夏で暑いので、体温が上がっている人もいるので、官庁の職員の方がうちわで扇いで冷やしてくれていました。
もし下がらなかった方は予備日に再検査をするそうです。予備日でも下がらなかった場合は不合格となるそうです。(来年以降この点は変更になるかもしれません。)
内容は、尿検査、血圧(緊張で上がってしまう方もいましたが、職員の方・看護師の方がしっかり対応してくれるので大丈夫です。)、胸部X線、診察でした。
終わった人から、タクシーで帰りました。

 

12:00昼休み

1時間昼休みで、私は友人と昼食を取り、おしゃべりをしてました。

 

14:00面接

5分前に案内される。職員の方がフレンドリーに話しかけてくれる。
私は趣味の話をしました。20分面接の時間は取られていますが、5分評価の時間があるので、実際は15分です。

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

雰囲気:やや厳格(圧迫ではないが、難しい質問が多かった。)
面接官:男性3名

 

面接で聞かれたこと

  • 緊張しているか
  • 緊張をほぐすために普段はどうしているか
  • 志望動機をきかせて
  • 志望動機の中に適正な労働環境の整備をしたいとあるが、現在どういった課題があり、それに対してどう対応していくか
  • 中小企業などは、指導に従ってくれない場合もあるが、どう対応するか
  • 人を説得するときに気をつけていることは
  • 感情的になった人にはどう対処するか
  • 〇〇でのアルバイトは具体的に何をしたのか
  • 〇〇でのアルバイトで何を感じたか
  • 高所や過酷な労災現場に行くこともあるが、大丈夫か
  • 転勤に関してはどう考えているか
  • 体力に自信はあるか
  • 特技は〇〇(陸上関係)とあるが、なぜ競技として〇〇を選んだのか
  • 実際にやってみて〇〇を選んだと言うことだが、性格的には〇〇と✖✖どちらがあっているか
  • どういう時にストレスをかんじるか
  • どうストレス発散方法をとっているか
  • 労基になるために努力したことはあるか
  • 説明会への参加や、〇〇でのアルバイトもいいことだが、ほかに努力したことはないのか
  • 人と意見が食い違った場合はどう対処するか
  • 考え方が違う人とはどう接していくか
  • 併願状況を教えて
  • 志望順位は?
  • なんで労基が第1なの?
  • 最後になにか意気込みはあるか

面接後に、必要書類を提出して退庁。

 

採用面接(各労働局の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【採用面接の情報共有ページ】各労働局ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記