【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【③労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【③労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

労働基準監督官(A区分)

労基第一志望でしたが、昨年不合格
せんせいの独学面接塾に入塾し、今年合格を頂くことができました。

 

面接試験日の流れ

8時半集合
50分〜性格検査
身体検査
10時半から面接開始
去年と同様1時過ぎには身体検査の結果がでて面接終えた人から解散

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

去年より距離が近く狭い部屋で行われた
3人のうち1人知っている監督官でした。
説明会で話した時のような笑顔はほとんどなく、全員冷ややかな目でしたが、アイコンタクトや相槌は打ってくれました。

 

面接で聞かれたこと

  • 緊張してると思うけど楽にしてください。
  • アイスブレイクほぼなし
  • 志望動機についてくわしく
  • 満足してくれない人に対して(労基署では対応できないこと)どう対処するか?
  • 強みはどう活かす?
  • 印象深かったこれまでの経験について
  • 客観的な視点の大切さが大事ということで、
  • 大勢で意見を交える時どんな点に気をつける?
  • 1人が絶対に意見を変えない姿勢を示してる場合どう対応する?
  • デジタル化について詳しく。
  • 労基に関してのデジタル化について、zoom以外でどんな場面で必要?
  • ゼミ活動について(右の方から)
  • 転勤についてどう考えてる?
  • ゼミで転勤についてどんなふうに話した?
  • どうすれば労働者の予期せぬ転勤はどうくれば無くせると思う?
  • デジタル化と転勤の関連についてどう思う?
  • 併願状況
  • 内定出した場合うちに来てくれるか?
  • 健康面

聞かれたことはこんな感じです。

 

面接を受けた感想

手応えはあまりありませんでした。
面接した感じがないというか、あ、終わり?みたいな感覚が残りました。

ただ、最終的に最終合格を頂けたうえ、希望の労働局の内定を頂くことができました。

 

採用面接(各労働局の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【採用面接の情報共有ページ】各労働局ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記