【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【②労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【②労働基準監督官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

労働基準監督官(A区分)

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

面接時間は約15分、面接官3名です。

雰囲気は、少し圧迫気味(3名とも終始、相槌なし、笑顔なし)でした。

 

面接で聞かれたこと

  • 緊張していますか?
  • 緊張を解すためのコツはありますか?
  • 卒論に関して深堀
  • コロナで経営が厳しい経営者が多いけど、それでも指導できるか
  • 労働行政の中で何に取り組みたい?
  • 監督指導業務の中でもいろいろあるけど何に取り組みたい?
  • OB訪問もされたようだけど、何を聞いたのか
  • 学生時代最も力を入れたことを具体的に教えてください。
  • アルバイトに関して、時間帯責任者というのは、学生のリーダーのようなものか
  • アルバイトに関して、学生は何人いるのか
  • アルバイトに関して、何を頑張った?
  • アルバイトに関して、上手くいかないこともあったんじゃない?困難だったことは?
  • 自信のクレーム対応経験に関して深堀
  • アルバイトでの後輩指導に関して深堀
  • アルバイトでの経験を監督官の業務にどう活かす?
  • 併願状況
  • 全て受かったらどうする?
  • 友達からどんな人と言われる?
  • (話しやすい、相談しやすいと答えたことを受けて)そのために気をつけていることは?
  • 気になる時事に関して深堀
  • 高いところや、爆発物がある所にも行きますが大丈夫?
  • 国家公務員だから全国転勤だけど大丈夫?
  • 健康状態どう?アピールすることある?
  • 中学高校時代は何の運動部に所属していたのか
  • 最近運動はしているか
  • 短所
  • 納得してくれない方多いですけど、説得に自信ありますか?

 

最終結果(順位や筆記の得点等)

最終合格

 

面接を受けた感想

私自身の感想になります。人事院面接の質問内容は、労基特有のものと、アルバイトに関してなど人柄に関するものが中心でした。人事院面接では特に、ストレス耐性があるかということを見られていたと思います。圧迫気味だったこともあり、いつも通り笑顔で答えるということができず、面接の出来としては、一番悪かったと思います。簡潔に応えられていない回答もありましたし、志望動機を聞かれず、第一志望であるにも関わらず熱意も伝えることができませんでした。良かったこととしては、ハキハキと答えられたことくらいです。なので、何を評価していただけたのか分かりません。笑

 

来年以降受ける受験生へアドバイス

ここからは、アドバイスです。難しいとは思いますが、面接では、「ストレス耐性があること」と「適性があること」の2点を伝えると良いと思います。受験地や面接官(実際は穏やかで優しい方が多いと思います)にもよりますが、面接が圧迫気味なのもストレス耐性を見ていると感じます。また、専門職なので、関心を持った時事、卒論(理系の方は研究テーマ)、一つのことを続けてきた経験などについては聞かれやすいです。なので、深堀されても答えられるように準備されると良いと思います。時事に関しては、無理に労働に関することを選ばずに、深堀されても答えられるテーマを選ぶことをおすすめします。

 

採用面接(各労働局の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【採用面接の情報共有ページ】各労働局ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記