【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑰名古屋税関】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【⑰名古屋税関】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:名古屋税関
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の流れ・内容

  1. 15〜20人程が集合。
  2. 広い会議室内に入り、3グループに分かれる。
  3. その後全体で映像を視聴。
  4. 映像を視聴後にグループ(5,6人)ごとに1人職員が入って質問会が開かれる(1時間程度)。
  5. その質問会の最中にグループから1人ずつ呼び出され、係長級と5分程度の面談を行う。
  6. 質問会後、全体に対して8月まで内定は出さないこと、今後は説明会をやるのでホームページをチェックするよう言われて解散。

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 今日は来るのにどれくらいかかった?
  • 他の併願先は?
  • (他の志望先を書いた紙を提出していたので)一つずつ何故志望したか聞かれる

 

受けた感想

※以下、あくまで私のただの推測です。

  • 官庁訪問の日程決めは恐らく先着順。9時半までに提出すれば初日午前で通る。
  • 面談自体は志望度と受け答え方を見ている程度。全体で3回程に渡って選考を行うことが告げられた。
  • 質問内容は審査対象ではないと言われたが、本当かは不明。職員個人に対する質問「○○さんの一番辛かったことは〜」などは怪訝な顔をされた。自分が本当に気になり、仕事全体の不明点を解消する質問が望まれているように感じた。

 

補足

  • 名古屋税関では7/12に突然採用者数を10人増やすことが発表された。意図は不明。
  • 7/8の合説では何度も通えるので、知識を増やす+顔を売る機会として利用することもあり

 

【他の受験生からのコメント】
名古屋税関を受けたのですが、大部屋で3つのグループに分かれた座談会+同じ部屋の片隅での1体1の面接(面談に近い感じ)でした。
全員同時解散だったので、その場で次の面接に進んだ人はいないです。

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記