【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【㉖〇〇労働局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【㉖〇〇労働局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇労働局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

メール

 

官庁訪問の流れ・内容

面接のみ

 

面接の回数、拘束時間

1回、待ち時間1時間面接20分

 

面接官の数、雰囲気

3人 部長、ハローワーク勤務の課長 労働基準監督署の課長

部長はノーリアクション他は優しめ

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 志望動機
  • サークル活動の印象深い経験(深掘り)
  • 最近の気になったニュース
  • 併願状況
  • 自分はハロワ希望だったため労働基準監督署職員になったとしても来てくれるか
  • 最後になにか聞きたい事

自分はサークル活動で話が盛り上がったため半分はその話でした

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

自己PR、労働行政の印象を志望動機と合わせて、これまでに取り組んだ活動や経験で印象に残っているもの

 

内々定をもらったタイミング

7月9日にいき、13日の18時

 

来年以降の受験生へアドバイス

自分は試験というよりも普段の目上の方と話す感じでいきました。元気よくハキハキと、明るい雰囲気を出し、言葉が詰まっても大丈夫!自信を持って話すことが大切だと思います

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記