【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【㉓〇〇労働局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【㉓〇〇労働局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇労働局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

合同説明会を受け、その場で口頭で予約

 

官庁訪問の流れ・内容

一人の職員の方と軽い面談をしたあと、3人の職員の方との面接

 

面接の回数、拘束時間

面接は一回目の官庁訪問でのもののみ
拘束時間は一時間ないぐらい

 

面接官の数、雰囲気

最初の面談は和やかです

3人の職員の方との面接は和やかさもなくはないですが、どちらかといえば厳格な雰囲気でした

 

官庁訪問でされた質問内容

志望動機やどういった仕事がしたいかについて詳しく聞かれました。また最近関心のあるニュースについても聞かれました。

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

○労働局の訪問カード
志望動機
学業、職務について
社会的活動や学生生活について
最近関心を持った社会問題や出来事、日頃興味を持って取り組んでいること
趣味特技
長所や人柄

 

内々定をもらったタイミング

内々定はいただけませんでした。官庁訪問の最後に、最終合格発表日に電話するかもしれないということと、「非常に高い評価でした」と言っていただけましたが、連絡は来ませんでした。笑

 

来年以降の受験生へアドバイス

内々定などもらわなかったので、アドバイスはできませんが、私は労働災害やそれに伴い働き方改革について事前に調べました。実際、面接の際そういったことについて話す機会もあったので、のようなニュースに目を通し、自分の意見を持つことは良いと思います。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記