【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑭埼玉労働局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【⑭埼玉労働局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:埼玉労働局
訪問時期:7月上旬

 

面接の回数、拘束時間

幹部面接が一回だけであった。

面接時間は約20分

 

面接官の数、雰囲気

3人、全体的に和やか(たまに笑いあり)

 

官庁訪問でされた質問内容

1人目(真ん中 50代男性 優しめ)

  • Q. 〇〇区からきたのか、遠くなかったか
  • Q. 志望動機
  • Q. なぜ東京じゃないのか
  • Q. 労災ってどういう
  • Q. 従業員はどのくらいいるのか
  • Q. 自慢できること
  • Q. 転勤は大丈夫か

 

2人目(右 50代男性 だるそう、圧迫役)

(この方の質問のとき話が長くなってしまい、微妙だった)

  • Q. 今までで一番困難であったこと+その乗り越え方
  • Q.クレームで印象に残っていること
  • Q. 失敗経験

 

3人目(左 50代女性 笑顔、一番話しやすかった)

  • Q. ここまでくるまでに印象に残っていること
  • Q. 働いてきてどんな人が苦手か
  • Q. どう対応するか
  • Q. 関心を持っていること
  • Q. 労働系以外は

 

もう一度1人目

  • 最後に言いたいことあるか
    →意気込みを言った

「この後の官庁訪問も頑張ってくれ。縁があったら働きましょう」と言われ、ここで退出

 

内々定をもらったタイミング

退出後、はじめに案内してくれた方にエレベーターの前で待つよう言われ、「内定者には、最終合格しているか確認し連絡する。縁がない人には連絡しない」と言われエレベーターに乗った。しかし、私の前の人にはこのことを言わずにエレベーターに乗せていたので、人によって変えているのかもしれない。考えすぎかもしれないが…

⇒そして、3日後に内々定の電話をもらうことができた。

 

来年以降の受験生へアドバイス

面接の間は終始笑顔でハキハキと話すことを心がけており、それはできたと思う。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記