【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑩〇〇労働局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【⑩〇〇労働局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇労働局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

予約フォームから予約(9時ジャストに予約したけど初日の16:30からだった)

 

官庁訪問の流れ・内容

まず総務課の一人の人と官庁訪問カードについて書かれていることに適宜答える←あまり緊張しない。にこにこしてハキハキすることを心がけた。(だいたい15分ぐらい)

その後3人の面接官と普通の面接(圧迫ではなくニコニコしていて話しやすかった)だいたい20分ぐらい

 

面接の回数、拘束時間

面接の数は2つ、拘束時間は約1時間

 

面接官の数、雰囲気

3人、和やか

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 公務員になったきっかけ
  • 労働局に興味をもったきっかけ
  • 労働局で働く時に意識することは
  • 上司と意見が対立したときどうするか
  • お客様を長時間待たせることがあるがどうするか
  • 自己PR
  • ゼミについて
  • 卒論について
  • 労働に関するニュース(自分が初めに書いた労働に関係しないニュースは全く聞かれなかった)
  • あとは官庁訪問カードに書かれていることを少し深く聞かれる(その時のエピソードなど)

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 学業や職業またはアルバイトなどで最も印象に残っていること
  • 最近関心を持った事柄
  • 採用後に取り組んでみたい業務とその理由

 

内々定をもらったタイミング

面接が終わって1回外に出てもう一回呼ばれ面接室に行き、内定を出したい旨を伝えられる。

 

来年以降の受験生へアドバイス

業務内容を詳しく聞かれてもしっかり答えられるようにしておく。業務説明会にはしっかり行く。過去問などがあればその対策をする。熱意をしっかり見せる!第1志望ということを押し通し終始笑顔で頑張る

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記