【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑥大阪労働局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【⑥大阪労働局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:大阪労働局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

ネットで予約

 

官庁訪問の流れ・内容

1回目

全体で20人ほど集まって、4グループに分かれて、座談会?(面接ではない)を開催。

1分間自己紹介→職員への質問タイム→職員から受験生へ質問(ハローワークで働く上で大切なこと)という流れ。

 

2回目

幹部面接(20分程)

 

面接の回数、拘束時間

全体の業務説明(30分)
座談会(30分)

 

面接官の数、雰囲気

終始和やかな雰囲気、笑いの絶えないという感じ

 

官庁訪問でされた質問内容

職員から質問されたのは、(1)ハローワークで働く上で大切なことは何か。(2)自己PRの2点

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

志望動機、長所、趣味、特技、ガクチカ

 

内々定をもらったタイミング

1回目の座談会終了後、「何かあればご連絡します」と伝え、参加者全員帰す。
その2日後、幹部と面談してほしいとの電話が。

幹部面談(3対1)

幹部面談(3対1)は緊張感のある面接だった。
志望動機はさらっと、
長所、短所など細かく聞かれた。
時間は20分ほど。

終了後、別室に案内され内々定頂いた。

 

来年以降の受験生へアドバイス

労働局(特にハローワーク勤務)はコミュニケーション能力が必須である為、志望動機が強固というよりも人柄などを重視している気がしました。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記