【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【②大阪航空局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【②大阪航空局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:大阪航空局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

7/7にメールで。他の官庁よりも航空局は遅く13日始まりでした。日程決定のお返事が少し遅かったので心配になりましたが、気長に待っていればきました。

 

官庁訪問の流れ・内容

13日は業務説明会と座談会でした。13日に参加した人は6月末にあった個別業務説明会(オンライン)に全員参加済みとのことで説明会は軽く補足程度でした。

 

面接の回数、拘束時間

1回.30分程度

 

面接官の数、雰囲気

3人.真ん中の人が役職が上で威圧感があった、右の人が面談をしたことがある人だったので安心して面接を受けることができました、もう1人も見たことがある顔でした。

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 志望動機
  • 併願先
  • 転勤有りでもokか
  • 親から反対されてないか
  • 学生時代頑張ったこと
  • 経済学部選んだ理由
  • 何学んだか
  • 何活かせるか
  • アルバイトの話
  • 何学んだか
  • なんでそのアルバイト選んだか
  • ゼミや部活動でも役割
  • どういうこと気つけてたか
  • 航空局の説明会聞く前と聞いてからのイメージの違い
  • どういう業務したいか
  • 友好関係
  • 親友何人
  • 親友からはどんな人だと言われる
  • 相談乗る方かする方か
  • 趣味について
  • これからしてみたい趣味

(ほぼその人に関する全ての内容について聞かれました、時間も長く感じたし、一個一個の質問に対して3往復くらいしました)

 

内々定をもらったタイミング

8月上旬。HPに8/10からの官庁訪問の予定が出されてすぐ電話がかかってきました。

 

採用面接・意向面談の流れ・感想

面接が終わってから外で待機(1分もかからないくらい)してもう一回中に入って内内定を受けていただけますかという言葉をいただきました。

 

来年以降の受験生へアドバイス

志望度の高さが伝われば内内定はいただけると思います!頑張ってください!

あとは、採用担当者の男性の方と〇〇(趣味等)の話で盛り上がり、女性の方とは〇〇(趣味等)の話で盛り上がることができたので、話のネタは沢山ある方がウケがよく相手とも打ち解けやすくなるなと感じました!それを機にかなり話しやすくなりました!

 

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記