【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【②〇〇検察庁】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【②〇〇検察庁】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇検察庁(東海地方)
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

メール予約

 

官庁訪問の流れ・内容、拘束時間

小さめの部屋で待機→案内の職員に案内されて面接室へ。待機室の職員さんは若手で緊張をほぐしてくれます。内容としては面接してそのまま帰るだけで建物に入ってから出るまで1時間ちょっとしかかかりませんでした。

 

私の体験談

私の場合は、10時集合で、待合室は受験者2人くらいいました。
若手の人事職員が緊張ほぐしにお話ししてくださり、電話がかかったら順に面接室へ案内されます。
面接時間は20-30分といわれ、前の女の子は20分ちょっと、私は30分ほどかかりました。
昨年より私が受けた地検の受験者は増えているようです。

 

面接の回数

1回、午前中に面接して、そのまま帰してもらえます。

 

面接官の数、雰囲気

3人です。

  1. 面接官①捜査部門トップ(50代後半男性)→厳し目の質問で攻めてくる
  2. 面接官②事務局トップ(50代後半男性)→顔は怖いが質問内容は普通
  3. 面接官③職員(40代中盤男性)→定型質問担当。優しい

 

官庁訪問でされた質問内容

基本的に上の番号順で面接官が質問してきます。③の人は基本事項で他の人が書いてくれていると思うので割愛します。私の場合はなぜその地検なのか、地元じゃないけど大丈夫か、本当にうちに来てくれるか、という3点をあの手この手で尋問されたという感触でした。

 

質問内容 ③職員(40代中盤男性)

まず③の職員さんからは面接シートに沿って定型的な質問をいくつかしてきました。
ここからが本番って感じでした。

 

質問内容 ①捜査部門トップ(50代後半男性)

  • 留学のことをたくさん聞いて来ました。
  • 大学休んでまでどうしていったの?
  • 留学で何を学んだの??

うちの地検である理由、これをめちゃめちゃ掘られました。
特に2日目にいく隣の地検じゃなくていいの?と

その他の国税や県庁の併願理由は1発で納得していたようなので、お隣の地検に行かれるのでは?と思われて色々聞かれてた印象です。

 

他にも、地元が西の方なので

  • 地元の地検じゃなくていいの?
  • 親は老後誰が見るの??
  • 県外で就職するってことに納得してるの?

捜査がしたいって言ってくれてるけど、検務とか事務局もあるから、捜査がしたいって言う〇〇さんの期待にうちが応えられるかわかんないなあー、といった感じで少しやりづらい印象でした。

しかし、質問自体は厳しかったが、頷いたり笑顔もたまにあったりしていたので圧迫感は少なかったと思います。

 

質問内容 ②事務局トップ(50代後半男性)

  • 留学で学んだこと
  • お酒は飲むか?
  • 留学して外務省などは考えないの?
  • うちの地検で採用されたら、基本的には県内から出れないけどそれでもいいの??
  • 官庁訪問2日目にお隣の地検に行くみたいだけど、それまでに内々定だしたら、お隣の地検は断りますか??
  • なんでそこまでしてウチがいいの??
  • 地元の親の世話はどうするの?
  • お隣の地検の方が地元に近いよね?じゃあそっちのほうがいいんじゃない?

少しこじつけのような意地悪な質問もされましたが、この手の質問をしてくるということは、面接官がこの子は少し答えづらい質問をしても対応できるのかという点を見ているのだな、というふうに考えて、落ち着いて対応するようにしました。

 

検察庁の官庁訪問の感想

上記のように、私の場合は検察庁の理由、というより圧倒的に「ウチの地検である理由」を聞かれました。去年の情報や、今日の待合室での他の受験者との話から察するに、ここまでその県の地検である理由を突っ込まれているのは私だけのようです。おそらく、私が検察庁志望ということは伝わっていたが、お隣の地検に行ってしまうのではないかと思われていたのが原因かと思います。

とにかく、〇〇県で大丈夫か、ほんとに(お隣の地検じゃなくて)ウチを選んでくれるかという点をあの手この手で尋問されてる気分でした。

東京など大きな地検を併願している場合、そこではなくなぜその道府県の地検なのか、という点を自分なりに説明できるようにしておくといいのかなと思いました。

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

併願状況、説明会の参加の有無、サークル活動、ゼミ、志望動機、性格、自己PR

 

内々定をもらったタイミング

官庁訪問した日の夕方に電話で連絡がありました。

 

採用面接・意向面談の流れ・感想

採用面接はありませんでした。官庁訪問の面接1回のみです。

 

来年以降の受験生へアドバイス

検察庁志望の方で他の地検も受ける予定の方は、できる限りその旨は伝えない方が無難かと思います。なぜ検察庁なのかという点よりも、なぜうちの地検なのかという点を鬼のように深掘りされました。私は運良く機転を聞かせて応えましたが、なかなか厳しかったので、参考にしてください。

また、個別説明会には参加していなくても内定を貰えている人もいますが、できる限り参加しておいた方がいいと思います。人事の方に顔を覚えてもらえますし、業務内容など面接で話せるネタ作りにも役立つと思います。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記