【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【③東京法務局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【③東京法務局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:東京法務局
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

メール

 

官庁訪問の流れ・内容

受付後に面接カード(希望勤務地や併願先など)を記入して待機、順番に呼ばれて個人面接、面接の一番最初に求める人材像や最近の法務局関連の時事について説明されてこれを踏まえて面接してと言われた

 

面接の回数、拘束時間

個人面接1回、20分程度

 

面接官の数、雰囲気

2人、基本的に笑顔で優しかったがそれなりに深堀された

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 名前と現住所
  • アイスブレイク(昨日眠れたか)
  • 自己紹介と志望動機
  • やりたい仕事とその理由
  • コミュニケーション能力はあると思うか
  • 後輩が身だしなみや言葉遣い悪かったらどう対処するか
  • 先輩だったらどうするか
  • がくちか、その中で苦労したこと
  • ストレス解消法
  • 周りからどんな人と言われるか
  • 自宅から通うか
  • 第一志望はどこ、併願先はどこか
  • 最後に質問はあるか

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

訪問カードは無く自分で履歴書を用意する形、当日面接カードを書く(かなり簡易的なもの)

 

内々定をもらったタイミング

初日の午前中に官庁訪問に行き、その日の夕方に「うちに来てくれる?、最終合格発表後にまた連絡する」といった内々定に近い電話をもらった

 

来年以降の受験生へアドバイス

併願先についてかなり聞かれたので、志望理由や整合性などを準備しておくといいと思います!

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記