【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑮国家一般職(大卒・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【⑮国家一般職(大卒・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

国家一般職(大卒・行政関東甲信越)

 

面接試験日の流れ

集合時間までに控室に着席
集合時間になると人事の方が説明をしてくれる
その後待機
受験番号ごとに番号札が渡されるので順番が来たら面接室へ移動
面接終わると控室へと戻る
そこで職員の方と話して解散

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

面接官は3人
(左40代男性 真ん中40代男性 右50代男性)
雰囲気はとても白けてる
3人とも興味が一ミリもなさそうだった
→知り合いもそのような感じだったと言っていました

 

面接で聞かれたこと

すみませんほとんど覚えてません…
ただ良くも悪くも面接カードの内容を上から下まで機械的に聞かれていったイメージです
イレギュラーな質問はあまりなかったと記憶しています

 

面接の対策方法・アドバイス

自分もほとんど対策できていませんし実際に落ちてしまったのであまり対策やアドバイスについては言えませんが、強いて言えば笑顔を崩さないこと?かなと思います。おそらく人事院の面接の雰囲気や聞かれる内容からしてほとんど差はつかないと思います。
ですのでその中でも笑顔で話すことが大事なのかな?と思いました。

 

記述や論文の対策方法・アドバイス

論文もほとんど対策できていませんし、おそらく論文が足切りなのかもしれないと思うくらいです。
配点が低いとは言えある程度対策はすべきかなと思います。

 

最終結果(順位や筆記の得点等)

不合格

 

来年以降受ける受験生へアドバイス

まずはなるべく筆記で高得点を取るように目指すべきだと思います。面接と論文ではおそらく高得点を取ることは難しいのかなと感じましたのでやはり筆記のアドバンテージは重要かなと思いました。
面接や論文については敗因もあまり分析できていないのでアドバイスはありません…
強いて言えば、オーソドックスな所作であったり面接の振る舞い方を見直すことや自己分析を改めてやり直すことかな?と思います。
内々定もらったのに人事院面接で落とされた方もいると聞きました。官庁訪問で内々定もらっても油断せず頑張ってください

 

官庁訪問(各省庁の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【官庁訪問の情報共有ページ】各府省庁ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記