【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【③国家一般職(大卒・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【③国家一般職(大卒・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

国家一般職(大卒・行政)

 

面接で聞かれたこと

  • 待ち時間にどんなことを考えていましたか?
  • 面接カードに書いた内容を思い出していました。
  • 公務員になりたい理由を教えてください
    ⇒留学先で大使館の職員が日本人のために働いている姿を見て自分も国民のために働きたいと思いました。またコロナ禍で苦労されている方を見てそういった方の力になりたいと考えました。
  • 具体的に大使館の職員はどんな風に働いていましたか?
  • 苦労されている方の力には民間や地方公務員ではなれないのでしょうか?
    ⇒民間ではお金を払った人にしかサービスを提供できません。また地方公務員はジェネラリストの面が強いです。国家公務員はその分野のスペシャリストになれるので国家公務員を希望します。
  • 防衛省を志望する理由は?
  • 強みの広い視野と積極性はどのように培ったのか?
    ⇒アルバイトでの取り組みで培いました。
  • どのような取り組みだったのか?
  • どうしてその取り組みをしようと思ったのか?
  • 外国人のコミュニティの参加とは具体的に
  • 家庭教師について教材の工夫とあるが具体的にどのようなことをしたのか?
  • 生徒は大使館の子ども?
    ⇒大使館ではなく駐在員の御子息御令嬢でした。
  • サイバー分野に強いことを国内外にアピールすることがどうして必要なの?
  • ほかに気になるニュースは?
    ⇒ヤングケアラーの増加です。
  • どうして?
    ⇒ヤングケアラーは同世代の人に比べて就業就学の機会が少ない。彼らをサポートすることで労働力不足や少子化の解決につながるかもしれないから。
  • 趣味のたくさんの人とのコミュニケーションとあるが、人数は少ないのにどうしてたくさんの人とコミュニケーションがとれるといえるのか?
    ⇒たしかに野球などと比べると最大でも4人と人数は少ないが、ゴルフは昼食を含めて一日中一緒に過ごすので質という意味でたくさんの人とコミュニケーションがとれる。

 

面接を受けた感想

  • ⁃ 国家、地方、民間の違いについて説明したものの、いまいち納得してなさそうだった
  • ⁃ 自己PRは面接カードに書いた内容が短すぎたため深掘りされた。その一方で自分は面接カードに書いた内容を覚えていなかったのでどうして些細なことを聞かれるのか分からず答えがずれてしまった気がする。
  • ⁃ 趣味について突っ込まれると思っていなかった。
  • ⁃ 答えが質問とずれているところや民間と公務員の違いについての私の答えに納得してなさそうだった

 

官庁訪問(各省庁の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【官庁訪問の情報共有ページ】各府省庁ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記